トップ / 住まいにまつわる知識

住まいは購入か賃貸か

住まいにまつわる知識

住まいを借りる際の注意点

住まいを借りるのであれば、間取りや写真だけを参考にして決めるのではなく、必ず実際に物件を見に行くことをお勧めします。実際に見に行かなければ分からないことはたくさんあります。部屋の中には入ることができなかったとしても、周辺の環境を事前に確認しておくことはとても大切です。日当たりは大丈夫か、駐車場は十分なスペースがあるか、騒音などは気にならないかなどを、住まいを契約する前に確認しておくと、実際に住んでから後悔するということにならないと思いますので、必ず一度は見に行ってから契約することをお勧めします。

住まいを借りるメリット

暮らしていくにあたり、住まいは切っても切れない縁ですよね。賃貸か購入か、などと言うテーマが挙げられることもありますが、「いつかはマイホームを」という方も、しばらくの間は賃貸マンションやアパートを借りる方も多いでしょう。住まいを借りることのメリットを挙げると、例えば、“勤め先へのアクセスが実際どのようなものか”、“その地区の詳しい物価”などを知ることができます。電車やバスなど複数の路線がある場合、混んでいる線・運賃の違いなど、想像と違うこともよくあります。その街の雰囲気がつかめるまで、まずは借りて住んでみるのも良さそうです。

↑PAGE TOP