トップ / 住まいを基礎から考える

住まいの生活音問題

住まいを基礎から考える

住まいに関する音の種類と対策法

住まい選びの際に重要になってくることの一つに、音に関することがあります。なお、これには色々と種類があるもので、上の階から伝わってくる種類もあれば、隣から伝わってくるものもあります。そして、他の世帯から伝わってくるものだけでなく、車やバイク、電車といった乗り物から伝わってくるものなど、色々な種類があるものです。ちなみに、住まいでこういった音に関する対策をとる方法には、集合住宅を避けて一戸建てに住むようにするですとか、壁が厚い家に住むようにしたり、二重サッシを採用するなど、色々な方法があるものです。

住まいの音の問題の解決法

賃貸のマンションでも一戸建でも、人が暮らしている住まいでは、生活音は必ず出るものです。また、人によっては、不快に感じるものや許容範囲が様々であったりするので、「前の家では(苦情など)を言われたことはなかった」と思っていても、なぜか次は…ということもあり、落ち込むこともありますよね。住まいの話し声や、うるささを軽減する方法として、防音シートと有孔ボードを重ねて使うというものがあります。穴が均一に空いている有孔ボードと柔らかいシートが、声などをくぐもった感じにする効果があります。ホームセンターなどで簡単に手に入るので、試してみるのはいかがでしょうか。

↑PAGE TOP